未分類

息子の授業参観で感じたこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、こんにちは。

今日は息子と娘の授業参観に行って来ました。

息子にとっては初めての授業参観でした。

夫と二人で参観してきました。
2人の子どもの参観は交代で観ることにしました。

私が息子の参観を観てきたことを書きます。

息子の授業参観

息子の授業参観は国語でした。

「よろしくね」
という内容でした。

クラスの友達や保護者の前で自分の名前を言って
「よろしくね。」
と自己紹介する授業でした。

最初の25分は夫が授業を見ていたので様子は分かりません。

後半の25分は私に甘えたくて
「ママ、こっち来てよ~。」
とばかりに手招きをしていました。

さすがに
息子のそばに行くのは控えていました(笑)。

息子は我慢できなくなり、
四つんばいになり私の近くまで来ました。

「もう僕は今日出来ないよ~。」
と言って抱っこしてきました。

席に戻ってからも、
私の方を何度も見ていました。

座っているのが辛いのか、
トイレに行っていました。

それから、
「喉が渇いた。水が飲みたいよ。」
と言って来ました。

授業には全く集中出来ない息子でした。

無理もないなと思いました。

ひらがな練習のドリルを書いたり、
自己紹介をしたり、
次から次とすることがありました。

授業が終わったと思ったら、
「プリントをしまって」
と言われていました。

家にいるときは何でも親にしてもらうことが多いのに
1人で全部するのはちょっと負担だろうな
と感じました。

娘の時と気持ちのも持ち方が違う

娘の時は、
初めての子どもということもあったのか
みんなと違う行動をするとイライラしていました。

大きな声を出したり、
ウロウロ歩き回る娘に
「なんであんな行動をするのだろう・・・。」
と思いました。

今にして思えば、
他の子と違う行動をしたって何も問題はないのです。

まとめ

息子は授業参観で他のお子さんと違う行動をしていました。

なぜイライラしたり、
怒る気になれなかったかというと
息子の視点で見ていたからです。

息子は
入学したばかりで、
友達や環境に慣れていません。

なので、
甘えたり、トイレに行っていたと思います。

2人目の子育てとなると
親の方も成長していて
冷静に子どものことをみたり、
接したりできるんだ
と思いました。

子どもが自分の気持ちに正直に行動するのは
良いことだと思いました。

編集後記

読んでいただきありがとうございます。

今日は息子の参観へ行ったことを書きました・

息子は学校でもマイペースで過ごしているんだな
と分かりました。

これからも
自分のペースで過ごして行って欲しいと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*