未分類

勉強を何のためにするのか?インプットとアウトプットの大切さを考えてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、こんにちは。

小さい頃から勉強をしてきましたが、
本当に自分の人生に役に立っているのかな?
と思いました。

小学校からたくさん勉強をしましたが、
あらためて考えると何のために勉強したのかなと思います。

私の考えを書くので読んでいただけたら嬉しいです。

勉強は何のためにするのか?

保育園を卒園して私は小学校に入りました。
小学校に入って最初に教えられた文字は
ひらがなで自分の名前だったと思います。

一年生の頃の記憶はほとんどないのですが、
机の右上に大きくひらがなで自分の名前が貼っていたのは
覚えています。

遊び感覚で最初は小学校に通っていましたが、
いつの頃からか勉強することが当たり前になりました。

勉強は1時間ごとに国語・算数・社会などあったけど・・・
今の自分の生活に役立っているかというと疑問です(笑)。

たしかに
字を書いたり話したりは今でも役に立っています。

だけど、
算数や理科などはめったに使わないですね。

家庭科で習った野菜を切ることは毎日ご飯を作る時に
役立っていますね。

娘の宿題をする様子を見ていると、
毎日漢字練習をしたり、
計算問題をしています。

回答は自分で○付けをしているようです。

知識をインプットするだけでは
【本当の勉強】にはならないと思います。

アウトプット(実践したり行動)して自分のものに
して行けたら身についていくのではないでしょうか。

私も今までは
セミナーで教えていただいたことを自分のモノにしていなくて・・・
かなりの便秘状態です(笑)。

自分の経験や知識と結びつけられたら
本当に使えるようになると思いました。

なので、
これからは自分の生活の中で実践したり、
ブログを書いてアウトプットしていけたらいいな~
と思います。

まとめ

勉強は自分が使えるようになるまで理解するのが必要だと思います。

ですので、
これからはアウトプットをバンバンやっていこうと思います。

編集後記

読んでいただきありがとうございます。

今日は勉強のことを書きました。

私がなぜ勉強をしているのかというと
人のために役立ちたいからです。

これまでは自分のことばかり考えてきましたが、
経験や勉強したことをアウトプットして役に立てたらいいな~
と思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*