未分類

子育て中にだるいと感じたときに試してみたい3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、こんにちは。

どんなに体調に気をつけていてもだるくて仕方ない時ってありませんか?

特に子育て中は
子どもの世話をしたり、家事をしたりで、
自分の体と心のサインにも気が付かないで、
後回しになってしまうことが多いです。

「今日はやる気が出ない・・・。」
「動きたくないな~。」
と思うときに自分をケアして早めに立ち直れたら良いですよね。

私が最近試してみたことをかきます。

私が子育てしながらだるいときに試したこと

私には10歳の娘と6歳の息子がいます。

授乳していた頃に比べたらずいぶん手はかからなくなりましたが、
毎日の家事の量は同じで大変です(笑)。

食べ物にはとても気をつけているし、
サプリメントも飲んでいるので
風邪は引かないけど・・・
先日こんなことがありました。

朝から・・・
「何もしたくない。」
と思いました。

一応朝ご飯を作ってもりもり食べましたが、
その後の家事(洗濯、掃除)をしたら
ブログを書く気が起きなかったです(笑)。

ブログを書けないので音声を聴こうと思って
黒澤さんの音声を聴きました。

以前、
セミナーでモチベーションを整える10つの方法を聞いたり、
メルマガで読んだことをやってみようと思いました。

1 何もしない時間を1時間作る

いつも家事やブログでゆっくりする時間がありませんでした。

なので、
たまにはゆっくりする時間があっても良いかな?
と思い夫と娘に協力してもらうことにしました。

夕飯後の食器洗いを夫にしてもらい、
娘には食器を拭いてもらいました。

私はダイニングテーブルに座って、
向かいに座って本を読んでいる息子の様子を見ていました。

それから、
何も考えないで
【整えること】を意識しました。

整えることって何だ?
と思う方もいると思いますので解説します。

だるい自分や疲労した自分を受け入れて
「こんな時もあるよね。」
「大丈夫。Ok。」
と自分を受け入れます。

子どものことも家事のこともブログのことも考えないでひたすらゆっくりします。

そうするとだんだん気持ちが落ち着いてきました。

食器洗いしている夫に感謝する気持ちが自然と湧いてきて
自分が整っていくのを感じました。

2 いつもより早く寝る

私はいつも夜11時か12時ころに布団に入るのですが、
何もやる気がでない日は思い切って10時30分に寝てみました。

布団に入って家族と話をして横になっていたら気持ちも落ち着いてきました。

家族とゆっくり過ごすことは
私に取って気分が落ち着くことだと感じました。

娘や息子と冗談を言いながら
「おやすみ~」
と眠れるのは最高です(笑)。

3 複式呼吸を意識する

鼻で息をするようにして
お腹で呼吸をするようにすると良いです。

イメージとしては
お腹で風船を膨らませるような感じです。

腹式呼吸をしていると余計なことを考えないので
頭が疲労しないです。

それから、
お腹の調子も善くなりました。

いつもは便秘がちなのですが・・・
腸の調子が善くなるのを実感しました。

まとめ

「だるいな~」
「やる気が出ないな。」
と思うときは無理をしないで少しの時間ゆったりすると
自然とやる気が回復していきました(笑)。

やる気が出ない自分も自分の一部だし、
「こんな日もあるさ。」
と受け入れると回復も早いと思います。

やる気が回復して
自分のしたいことをしたり、
家事や育児をした方が気分良く過ごせると思います。

母親が気分良く過ごせると
家族全員が気分良く過ごせるので
機会があったら試してみてくださいね。

編集後記

読んでいただきありがとうございます。

毎日生活していると
だるさを感じるとこもあります。

だるいから回復できないと思っていると
ホントに回復できなくなります。

なので、
自分なりに回復方法を見つけておくといいな~と思った出来事でした!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*